様々な精神病の種類

Blister pack

どんな人も精神病になってしまう危険は常にあります。例えば精神病にはどのような種類があるのか?実は結構細かく言うことが出来て、ちょっと専門的な話にはなってしまうのですが、軽くご紹介しておくとまず内因性精神病と外因性精神病というものがあります。さらに細分化していくと内因性精神病には統合失調症と双極性感情障害の二種類あり、統合性失調症は専門医による治療が必須となります。一方双極性感情障害は生きている以上永遠に薬の投与が必要とされる障害になるので、非常に悪質極まりないと言えるでしょう。もちろん統合失調症も治療後は薬による予防も欠かせないので、一度なってしまうと本当に元の生活に戻ることは難しいと言えます。そして外因性精神病についてですが、こちらは器質精神病や症状精神病、中毒精神病と三種類に分類されます。大雑把に言えばアルツハイマー病だったりパーキンソン病、そしてアルコールや覚せい剤などの外因性によるものですね。覚せい剤は法律違反となるのでやる人はほとんどいないと思いますが、アルコールに関してはかなりどんな人の身近にも存在するものなので、アルコールによる中毒精神病というのは割りとどの人にもなってしまう可能性が高いことが言えますね。もちろん毎日浴びるほど飲む人に見られる症状だと言えます。そして最後に心因性精神病ですが、これがやはり一番多いです。トップでも触れましたが、やはりストレス過多による精神病になりますので、うまく回避することは生きている以上かなり難しいと言えるでしょう。